Barbara Signer






Barbara Signer
encounters

April 27th - May 1st, 2019
2019年4月27日(土) - 5月1日(水)

Barbara Signer
Barbara Signer (b.1982) works and lives in St.Gallen and Zurich.
In her work she deal with reality. It is a reality which is formed by multiple layers of meaning and relations between and among beings and things. A place between fact and fiction.
バーバラ・シグナーは、ザンクト・ガレンとチューリッヒを拠点に制作を続けるアーティストです。
シグナーの作品は「現実」を扱います。その現実は、多層化した意味や、関係性、存在と物質の間で形作られています。事実と虚構の間の場所で。






“I don't actually know what I'm doing” she said, looking at a picture of Sumida River with wooden trunks floating in it.
It was a woodblock print by Ishii Hakutei.

We decided to go to the supermarket around the corner to buy something to eat.
Morie bought two crabs filled with gratin. They were cheap.
It was like mac and cheese in a crab shell. Not much crab though.
An empty bottle with a blue lid was standing on the table.
After we finishe d eating he took the empty crab shells and put them on the bottle.

Aimlessly wandering through Bangkok I came across a Convenience Store.
I wanted to buy something to cure the mosquito bites but instead I found a tamarind snack.
I continued walking around and kept the seeds inside my pocket.

When I visited Sao Paolo last year I was staying in an apartment at Edificio Copan, a building by Oscar Niemeyer which has a sinuous facade.
There was a Japanese supermarket nearby.
They were selling watering cans for kids which looked like blue elephants.
I bought one for my friend Jiajia.

Recently I saw an exhibition by Araki.
When he was a kid he had made an elephant from clay that he had taken from the nearby river.
The elephants name was Delon-kun and it had three trunks. Of course there was something sexual about it.

Things are growing. They appear, drift and fade.
It's like if all these things were connected by an invisible thread.
Moving around aimlessly.
And if their ways eventually cross, some kind of magic happens.

“Something is supposed to happen”he said. But things were still calm.
It was like looking into a very deep pond. Like the eight pools near Mount Fuji.
They seem to be connected underneath. A TV crew went diving into the pools to explore them.
But they never reappeared.




「自分が何をしているのか分からない」 と木の幹が浮かぶ隅田川の絵を見ながら彼女は言った。 石井柏亭の版画だ。
近くのスーパーに行って、何か食べるものを買うことにした。 モリエはグラタンを詰めた蟹を2匹買った。安かった。
蟹の甲羅に入ったマカロニチーズのようだ。 蟹はほとんど入ってない。
青い蓋の空のボトルがテーブルの上に立っていた。
食べ終わった後、彼は空になった蟹の甲羅をボトルに乗せた。

バンコクをあてもなくぶらぶらしていると、コンビニに出くわした。
わたしは蚊に刺さされの薬を買いたかったのだが、代わりにタマリンドのお菓子を見つけた。
そのまま歩き続けて、ポケットの中に種をしまった。

去年サンパウロを訪れたとき、オスカー・ニーマイヤーによる波状ファサードのコパン・ビルディングにあるアパートに、わたしは滞在していた。
近くに日本のスーパーがあった。
青い象のような子供用のじょうろを売っていた。友人のジャジャにひとつ買った。

最近アラーキーの展覧会を見た。
彼が子どもの頃住んでいたところの近くの川からとった粘土で、象をつくっていた。
象の名前はデロンくんといって、鼻が三つある。
明らかに性的な何かがあった。

事物は成長している。それらは現れ、漂い、消えていく。
すべてが見えない糸で結ばれているかのようだ。あてもなく動き回る。

そして彼らの道が最終的に交差するとき、ある種の奇跡が起こるだろう。

「きっとなにかが起こるはずだ」 と彼は言った。でも事物は静かだ。
とても深い池を覗いているかのようだ。まるで富士山の麓の八つの池のように。
底のほうで繋がっている。
テレビクルーがそれを探そうと池に飛び込んだ。 しかし彼らが再び現れることは無かった。